ハクソーリッジを観てきました

久しぶりに劇場で映画を観ました。戦争映画です。

沖縄が舞台なので悲しい気持ちになったり息がつまるシーンがたくさんありました。

軽く内容に触れると、兵役あがりの父親とは小さな頃からいざこざがあり、銃を持たない(例え戦争であっても人を殺さない)という信念のもと衛生兵として兵役を志願。そして、たまたま病院で知り合ったナースにニヤニヤしながらストーキングする二枚目台無しの男が主人公です(ナースはめっちゃいい女です劇場でぜひ確認してほしいです)

これ実話を基にした映画らしいんですが、通常持ってる倫理観を戦場で保ち続けるのってある意味かなりサイコなんじゃないかと思ってしまいました。これは訓練のシーンでも同様です。あんな怖い上官に怒鳴られたら僕とか0.5秒でM1ガーランドを構えて引き金をひきまくると思います。その他にも主人公は銃をもたないことで数々の苦難が・・・・。

戦闘シーンは超迫力ありました。実際に戦場に放り出された気分になります。

ビクッ!ってなることが4回くらいありました。

ゴア表現もエグイので中学生くらいからが対象なのかな?

とは言え笑えるシーンも結構あります。ニヤっとしちゃいます。

ハリウッド最高です。

しかし終戦記念日が近いのでこれ系の映画は見終わったあと、心に影を落としますね。

 

 

ちなみにハクソーリッジは沖縄の地名らしいです。一度手を合わせに訪れたいと強く思いました。