あいつは憎いやつ、その名もサマー

最近かすかにヒグラシの鳴き声が聞こえて、どこか遠い別の世界に引っ張られそうになってます。

あの鳴き声が持つノスタルジーって一体なんなんだろうね。もう曲でいいと思うんだよねあれ。”HIGURASHI”「カナカナカナ」みたいな。

朝と夜の中間とか昼と夜の中間に鳴きだす時間的演出も憎いと思う(ちょうど人がたそがれ易い時間だと思う)。

不透明になってる昔の出来事に色をつけてくれるというか、輪郭がハッキリしてくるというか。

でもそこにずっと浸ってると、目が覚めた時に今抱えてるシリアスな問題がいっきに押し寄せてきて、いっぱいいっぱいになっちゃうんでほどほどにしとかないと大変なことになります。

でもアメリカ人のノスタルジーってなんだろうね。世代もあるかもだけど、ラジオ体操とかやんないだろうし、怖いよねラジオ体操。パジャマのまま公園に集まってるちっちゃい子供とかいて夢遊病みたいでちょっと怖かったの覚えてる。

プールとか行くのかな?何ていうか、すんごい分かりやすい原風景っていうか都会も田舎も関係なく「ああ懐かしいな」みたいな望郷感というか。

マリファナとトウモロコシ畑でファックしまくったのが原風景だぜえHAHAHA!!!!こんなイメージしか出来なくてすみませんアメリカのみなさん。

毒にも薬にもならないことダラダラ書いてるけど深夜テンションなので良しとします。

 

 

f:id:daigo714:20150704013335j:plain